目指せ、ドラゴンマスター!

サザンドラ大好きなarchによるポケモンレート戦の戦記

【最高レート1919】シーズン11使用構築 ボルトランドサザングロスrestart

シーズン11お疲れ様です。archです。

今期も自分の中の1つのラインである1800を突破してレートを伸ばせたのでまた書き残しておきます。

f:id:archpokepoke:20180904115754p:plain

最高レートはまたしても自己レートチャレンジラインの1919

最終レートは1884とシーズン9とほとんど変わらない結果でした。

f:id:archpokepoke:20180904122958j:plain

 

構築経緯

最初は最速の両刀マンダを使ったり、カビゲンギミックを組み込んだり

いろいろ試しましたが200戦ほどやってレートが1500代で最高レートも1620くらいで迷走してました。

そこでシーズン9の今までで一番手ごたえのあった構築を使うことにしました。

 

シーズン9で思ったことが単体で辛かったのがリザードンゲッコウガでそこに強く出れるのはスカーフサザンと思いそこをベースにシーズン9の並びを使いました。

 

構築紹介

f:id:archpokepoke:20170719010325g:plain

サザンドラ  N.N カノープス

持ち物 こだわりスカーフ 性格 ひかえめ
実際値 167-x-110-194-111-150
努力値 0-0-0-252-4-252
技構成 あくのはどう-だいちのちから-りゅうせいぐん-とんぼがえり(かえんほうしゃ

 

いつもの相棒枠で前期と同じ個体

シーズン9で重かったゲッコウガグロスリザードンへの回答

全体的に攻撃的な構築が多くZは出せる機会が少なかったのも要因です。

かえんほうしゃも試しましたがミミッキュへの抵抗にゲッコウガの削りができたりとやはり強くてはずせませんでした。

 

大事なところで怯みをひいてくれるいいやつです。 

 

f:id:archpokepoke:20170515234707g:plain

メタグロス  N.N ガーベラ

持ち物 メタグロスナイト 性格 いじっぱり
実際値 159-216-171-x-131-158
努力値 28-252-4-0-4-220
技構成 アイアンヘッド-バレットパンチ-アームハンマーしねんのずつき


S 最速ランドロス抜き A ぶっぱ

H 奇数最大 端数BD

 

基本技のアイヘに縛れる範囲の広いバレットに意地で採用する1つの理由でもあるアムハン

最後は雷Pと迷ってロトムを中心とするグロスにタイプで受けだすポケモンの一部に刺さる思念にしました

 

はじめての意地グロス

サザンの型変更に伴いポリゴン系列など格闘弱点勢に弱かったのをカバーしました。

耐久にほとんど振らない個体なので慣れるまでに時間かかりましたがある程度崩しに参加できるのは強かった(なぜ今まで使わなかったのか)

 

グロスかサザンで最後〆るのを意識して立ち回りました。

 サザングロスの並びはやはり攻撃的なサイクルを回す上で強力だなと今期も感じました。

 

N.Nはガーベラ 花言葉は常に前進、希望です。

最高レート更新に向けて前進だぁい!

 

f:id:archpokepoke:20180904165608g:plain

ボルトロス  N.N ウラヌス

持ち物 ウイのみ 性格 ひかえめ
実際値 184-x-99-187-108-135
努力値 236-0-68-36-60-108
技構成 10万ボルト-ボルトチェンジ-めざめるパワー(氷)-きあいだまくさむすび

 

H 4n HB 無補正メガギャラドスの+1氷の牙確定耐え

HD C154カプレヒレハイドロポンプZ確定耐え 

C 11n S 最速キノガッサ抜き

 

クッション兼サイクル円滑油

 

シーズン9とほとんど変わらない枠

きあいだまの枠は最初雨メタで草結びでしたがこいつに後出しするナットレイが多発し流石にこれはと思い気合玉を採用した。

 

たいていの攻撃は耐えられて対面操作できるのはホント強く

また初手だしからボルチェン連打してるとかってにスカーフと勘違いしてくれるのも強みでした。 

ボーマンダ軸中心に積極的に選出してました。 

 

f:id:archpokepoke:20180123014914g:plain

ランドロス N.N タチアオイ

持ち物 ゴツゴツメット  性格 わんぱく 
実際値 191-166-150-x-108-114
努力値 212-4-212-0-60-20
技構成 じしん-がんせきふうじ-とんぼがえり-ステルスロック

H 16n-1 HD 無補正玉コケコのめざパ氷最高乱数きって耐え

S 準速61属抜き

 

 シーズン9のもう1つの課題としてミミッキュに後出ししやすいポケモンがいない点がありました。

そこで純粋なアタッカーミミッキュにはある程度受けだしできロップやガルーラ、クチートのような構築に無類の強さを誇るゴツメランドを採用。

めざ氷のないバシャにも強くカプレヒレの負担軽減の役目を担ってもらいました。

 

前はスカーフで役割範囲を広げすぎて無理してるところがありましたがクッション兼削り要因として出した試合はたいてい活躍してれました。

 

f:id:archpokepoke:20170719010503g:plain

カプレヒレ N.N リゲル

持ち物 ミズZ 性格 ひかえめ 
実際値 175-x-136-154-155-110
努力値 236-0-4-196-36-36
技構成 ハイドロポンプ-ムーンフォース-めいそう-ちょうはつ

H 16n-1 C 11n H-D CSメガゲンガーのヘドロ爆弾確定耐え
あまりは同族に少しでも勝てるようS振り

 

もう何も言うことがないくらい強いです。

ただカバルドンが前に比べて減ったかなという印象を受けました。

サザンがスカーフなので挑発で止めれるポケモンいないので重宝しました。 

来期もお世話になりそうな1体です。

 

f:id:archpokepoke:20180904165654g:plain

ヒードラン N.N プルート

持ち物 たべのこし  性格 ひかえめ 
実際値 197-x-126-198-126-101
努力値 244-0-0-236-0-28
技構成 ふんえん-だいちのちから-ステルスロック-ラスターカノン(ほえる)

 

S 無振り80属抜き C 11n   H 奇数最大 

 

リザードンYが重い特殊ベースのフェアリーがしんどい、鋼への打点がほしいとこの構築でやはり必要になってくるポケモンだと思いました。

リザYも岩技もちグロスの増加とドランのにらみが厳しくほとんど出ませんでした。

 

ラスターカノンの枠はほえるで使ってましたがラスカノなら有利サイクルませることが多く結局戻しました。

ただほえるがあるだけでバトンパなどに比較的楽に勝てるのであれば便利だなとも思いました。

一番挑発入れられたポケモンですがそのタイミングは基本殴ってるのボーナスでした。

 

選出について

基本的なことですが誰を通すかをまず考えて選出してました。

基本はサザンかグロスですね。

後は全体的に受けだしのきく並びにして選出してました。

 

グロス軸やリザ軸   サザン+2

マンダ軸       ボルト+グロス+1

ロップ軸、ガルーラ軸 グロス+ランド+1

クチート軸      レヒレ+ドラン+1

選出自体は決まってませんがベースはこのような感じで選出してました。 

 

選出率は

メタグロス>カプレヒレ>サザンドラ>ボルトロス>ヒードラン>ランドロス

 

苦手な並びなど

 

受けループ 勝ち筋は相手の選出ミスのみ崩す手段がないです。

ゲンガー+バシャーモ こちらに選出できるこまが少なく一手ミスすると負けになる戦いが多くつらかったです。

メタグロス サザンドラで縛れるものの交代読みでアムハンやレンチ打たれると落ちてしまうため大事に扱われるとこちらが先に疲弊するという試合がいくつかありました。

のろいカビゴン レヒレの選出が強要され積む隙を多く与えてしまうポケモンで見るたびにうんざりしてました。

 

ほかに思い出したら書き足します。

まとめ

今期も1900代には到達できました。

3/5シーズンで1900到達はSMの時代から考えると安定してきたなと思います。

一方でなかなかレートの伸びない日が続いて雑なプレイが多かったなとも思います。

最終日付近では比較的高い勝率を上げれたので負けても雑なプレイをしないように心がけたいです。

そしてそろそろ2000達成したいです。

 

【最高レート1832】シーズン10使用構築 耐久サイクル~サザングロス~ 

シーズン10お疲れさまでした。

みなさんはどのようなシーズンでしたか?

 

就職が決まったのも束の間。

ヴァイスシュヴァルツというカードゲームの関西大会がありそちらの練習で時間が取れず(ちなみに成績は3勝2敗で予選敗退でした)

好きな声優さんが引退してしまい1週間虚無状態になり

挙句に中古ゲームをシーズン終盤に買い

 

ポケモンどれだけやった?と思うシーズンでしたw

ただモチベがないわけでもなくわりとポケモンのことを考えてはいたのですがね。

 

最高レートは1832

最終レートは1658

f:id:archpokepoke:20180710140423j:plain

画像は最高レート到達直前の画像です。

 

今期はサザングロスでも攻めのサイクルよりも守りのサイクルにチャレンジしてみました。

あまり崩すのが得意でもないので勉強することも兼ねて使ってみました。

 

f:id:archpokepoke:20180709233845p:plain

シーズン7~9で結果を残してるのをよく見たサザングロス+ドヒドグライの並びをベースにボーマンダの処理ルートがグロスで無理やり受けることしかできない点があるのでそこに強いポリゴン2

あとは昨シーズンのグロスの躍進からカバリザが増加すると思いそこに強く出れそうなウツロイドを入れました。

 

 

構築紹介

 

f:id:archpokepoke:20170719010325g:plain

サザンドラ  N.N カノープス

持ち物 こだわりスカーフ 性格 ひかえめ
実際値 167-x-110-194-111-150
努力値 0-0-0-252-4-252
技構成 あくのはどう-だいちのちから-りゅうせいぐん-とんぼがえり

 

いつもの相棒枠 受けサイクルを使う上でスイーパー役としての運用

またゲンガーに強いのが何よりの利点

火力はスイーパーとしてはやや低いと思うがタイプ受けできるポケモンであり強引なサイクルをまわせる点は優秀

なおフェアリーには勝てない

 

 選出率は3位

  

f:id:archpokepoke:20170515234707g:plain

メタグロス  N.N Iris

持ち物 メタグロスナイト 性格 ようき
実際値 167-183-173-x-131-178
努力値 92-140-20-0-4-252
技構成 アイアンヘッド-れいとうパンチ-じしん-がんせきふうじ


H 6n-1  H-B 意地A特化ランドの地震を最高乱数切って耐え

 

昨シーズンと同じ個体で技を変えました。(前シーズンも同じ事言ってる)

 

高い対面性能からボルトロスルカリオをはじめとした受けサイクルに比較的強いポケモンを対面から倒していく。

またカバリザが多いと思いがんせきふうじは残しておきました。

 

しかしメタの一角ではあるため倒しきれない場面もありAS振りでよかったなと思いました。

 

選出率は1位 いつもどおり頼れるエースでした。 

 

f:id:archpokepoke:20170515234822g:plain

ドヒドイデ   N.N  ハダル

持ち物 くろいヘドロ 性格 ずぶとい
実際値 157-x-224-73-163-55
努力値 252-0-236-20-0-0
技構成 ヘドロばくだん-じこさいせい-ねっとう-くろいきり

 

 

カプレヒレと同じくらいお世話になってるポケモン

サザングロスの対戦動画をあげてらっしゃるSAZINさんの調整を使ってみました。

 

役割範囲をほとんど狭めず呪い痛みわけミミッキュやカプレヒレにも強くなる型です。

個人的にはどくどくを使ったほうが使いやすかったかなと思いますが勝てなかったポケモンに勝てる、急なみがわりに対応できる可能性があるなど。

強い部分も多くありました。僕の技量の問題かな?

 

相変わらずの使いやすさをほこり選出率は2位でした。

 

f:id:archpokepoke:20180711004302g:plain

グライオン N.N アベリア

持ち物 どくどくだま  性格 しんちょう 
実際値 179-122-146-x-133-118
努力値 228-52-4-0-204-20
技構成 じしん-ハサミギロチン-はねやすめ-みがわり

H 16n+3 

HBD ギルガルドのシャドボZ+影うちを回復込みで確定耐え

A 地震でCSゲンガーを確定  S あまり(同族意識

  

 

ゲンガーやガルドをごまかしつつギロチンでサイクル破壊を行う枠

リソースが尽きないという事はやはり強いと使ってて思いました。

 

ただし4倍弱点がある点はほかの受けポケに比べて使いづらいと思ってしまいました。

最速ギルガルドにめざ氷打たれたときは発狂してました。

 

選出率は4位 ゲンガーやガルドの個体数は多いものの裏にうまく圧力をかけにくい点があり僕が信頼しきれないところがあり選出率は控えめです。

 

N.Nはアベリア 白く春~秋と長い期間咲く花で花言葉は強運。

N.Nに願いをのせてたおかげが大事なところでギロチンを当てるいい子でした。 

 

f:id:archpokepoke:20180711004329g:plain

ポリゴン2 N.N グラビティ

持ち物 しんかのきせき  性格 ずぶとい 
実際値 191-x-156-125-117-80
努力値 244-0-252-0-12-0
技構成 れいとうビーム-イカサマ-どくどく-じこさいせい

H 16n-1 Bに振り切り余りをDに

 

ドヒドグライの比較的苦手なボーマンダメタグロスのストッパー

当初はどくどくを放電にしてましたがあまりにも負担をかけることができない事がわかりミラーなどで優位に立てるどくどくを採用しました。

 受けきれ詰めとしても非常に優秀な反面

この構築で一番隙を見せてしまってるポケモンだなと感じました。

 

この枠は間違いではなさそうですが他にも正解はあったのかなと思う1体でした。

 

選出率は6位

N.Nは図鑑説明で宇宙や重力に関する話題のあるポケモンだったのでグラビティ(重力)としました。

当てはまる星を思いつかなかったのが個人的に心残りです。

 

f:id:archpokepoke:20180711004414g:plain

ウツロイド 

持ち物 きあいのたすき  性格 おくびょう 
実際値 185-x-67-179-151-170
努力値 4-0-0-252-0-252
技構成 ヘドロばくだん-パワージェム-くさむすび-ステルスロック

 

リザに勝てるようにCS振り切り

 

技はタイプ一致の2つにステロと裏のカバを崩すための草結びです。

ステロが撒けるポケモンを探してる中で受け性能が高くはやると思ったカバリザを崩しに行けるポケモンということで採用しました。

 

 

回復ソースこそないが特殊ベースのポケモン相手にがつがつ殴りに行ける点は使い勝手がよくステロまき以外での仕事も任せられるポケモンでした。

ただジャラランガが重いのでマジシャを覚えさせるなどほかの役割をつけることも試す価値ありそうだなと思いました。

 

選出率は5位 上位4体の選出を強要されることが多く思ったほど選出できないなと思いました。

 

N.Nは付け忘れてました。 後日つけに行きたいと思います。

 

選出について

受けサイクルなので固定された選出はありません。

ポケモンの負担を減らせるような選出を優先しました。

特にポリゴン2ドヒドイデは役割範囲が比較的広いので役割集中には気を付けました。

 

まとめ

そもそも崩すのが苦手な受けサイクル系統をもっと理解したいと思ったこととシーズン3での最高レートがやや受け思考のサイクルをまわしていたのもあり受け思考は以外に合うのでは?と思い使いました。

実際はもっと前のめりに攻めて行くのが好きな性格ってのもあり苦労しました。

来期はもっと攻めの構築、積みサイクルに近い構築を試してみたいなと思います。

 

USUMでは全シーズンで1800は到達出来ているので2000は目指しますがまずは落ちついて1800から攻略していきたいなと思います。

【最高レート1925】シーズン9使用構築 サザングロス軸対面操作サイクル

シーズン9お疲れさまでした!

皆さんの結果はどうでしたか?インフレシーズンと言われてますがまたしても自己記録の1つ前で撃沈しました。

 

では結果と構築です。

 

f:id:archpokepoke:20180517124711p:plain

f:id:archpokepoke:20180517130315p:plain

 今期もサザングロスを使おうと始まり

ボルトロス+ランドロスでサイクルをまわしグロスorバンギラスで締めるという構想から始まりました。

そのうえでサザンやレヒレグロスが苦手な低速サイクルを崩して戦おうと考えました。

 

しかしフェアリー全般がつらい点からミミッキュやテテフがいるとグロスの選出が強要される点が選出からの窮屈さを感じました。

そこでバンギラスからステロ+3ウェポンのヒードランを採用しフェアリーへの対応を厚くしサイクルをまわし続ける事を大事にしました。

 

 構築紹介

f:id:archpokepoke:20180517165622j:plain

サザンドラ  N.N ゼラニウム

持ち物 カクトウZ 性格 ひかえめ
実際値 167-x-110-194-111-150
努力値 0-0-0-252-4-252
技構成 あくのはどう-きあいだま-はねやすめ-ちょうはつ

 

いつもの相棒枠で前期と同じ個体 今季もカバを始めとしたグロスのストッパーに強く低速サイクルを1体で崩しに行けるZ型です。

当初は今期も悪Zだったのですがカビゴンの増加やポリゴン2の処理ルートの増加などを考えて変えました。

格闘Zはブラッキーバンギラスなどサザンがもともと得意ではないポケモンも吹っ飛ばせる点は打ってて楽しかったですね。

 

f:id:archpokepoke:20180517165511j:plain

メタグロス  N.N Iris

持ち物 メタグロスナイト 性格 ようき
実際値 167-183-173-x-131-178
努力値 92-140-20-0-4-252
技構成 アイアンヘッド-れいとうパンチ-かみなりパンチ-がんせきふうじ


H 6n-1  H-B 意地A特化ランドの地震を最高乱数切って耐え

 

同じく昨シーズンと同じ個体で技を変えました。

地震+バレパン→雷パン+岩封です。

バレパンを覚えた意地グロスが増えバレットが読まれやすくなりステロ持ちのポケモンを採用した結果打ち漏らしもほとんどなくなったため可能な限り技範囲を広げてタイマンを張れる範囲を増やしました。

コケコのいない雷パンはあまり読まれないのかギャラドスがよく飛んでいきました。

 

今期はグロスへのマークが薄いのか割と通しやすい環境だったなと思います。

 

f:id:archpokepoke:20180517165729j:plain

ボルトロス  N.N ウラヌス

持ち物 オボンのみ 性格 ひかえめ
実際値 184-x-99-187-108-135
努力値 236-0-68-36-60-108
技構成 10万ボルト-ボルトチェンジ-ヘドロばくだん-めざめるパワー(氷)

 

H 4n HB 無補正メガギャラドスの+1氷の牙確定耐え

HD C154カプレヒレハイドロポンプZ確定耐え 

C 11n S 最速キノガッサ抜き

 

Hが2nじゃなくて4nなのはイアのみを最初持ってたから

クッション兼サイクル円滑油

最初は水ロトムで考えてたのですが技範囲の広さとカミツルギ等へのストッパー性能をかって採用しました。

選出率は控えめですが相手からこいつのストッパーポケモンの選出を強要させたり対面操作性能は高かったです。

 

サンダーと違って電気無効な点がカプコケコに強く相手のボルトロスの電気Zの牽制にもなって使いやすかったです。

 

N.Nは天王星よりウラヌス青く輝く太陽系の惑星ですね。

 

f:id:archpokepoke:20180517165806j:plain

ランドロス N.N ポラリス

持ち物 こだわりスカーフ  性格 いじっぱり 
実際値 167-213-44-x-101-138
努力値 20-228-44-0-4-212
技構成 じしん-いわなだれ-とんぼがえり-はたきおとす

H 6n-1 HB 補正ありメガバシャの膝蹴り+フレドラを威嚇ありで確定耐え

S 最速135属抜き

 

バシャーモを1回なら受けだしできるように調整したランドロス

Sをそこそこ削ってるのは相手のスカーフランドの下を取りたいからでそれ以上の理由は無いです。

 

技はスカーフならほぼ確定枠の地震、雪崩、蜻蛉に誘うポリ2への交代に打つ叩きです。

ややつかい辛いですが交代読みで決まればそのまま次のサイクルから崩壊させれるので強かったです。

サイクルの円滑油+スイーパーです。

 

全体的に使用者の多かったグロスルカリオ等に比較的強くうまく対面させてどんどんとんぼ返りを打ちました。

また素の攻撃力は高いので地震の一環が出来るとスイーパーとして優秀でした。

しかし交代読みなどでめざ氷などを当てられると簡単にサイクル崩壊するところは悲しいですね。

 

N.Nはポラリス こぐま座のα星で俗に言う北極星ですね。

個人的に北斗七星に並んで好きな星です。

 

f:id:archpokepoke:20180517165909j:plain

カプレヒレ N.N リゲル

持ち物 ミズZ 性格 ひかえめ 
実際値 175-x-136-154-155-110
努力値 236-0-4-196-36-36
技構成 ハイドロポンプ-ムーンフォース-めいそう-ちょうはつ

H 16n-1 C 11n H-D CSメガゲンガーのヘドロ爆弾確定耐え
あまりは同族に少しでも勝てるようS振り

 

今季もすごくお世話になった1体

サザンやグロスより使う機会多くない?

カバマンダガルド等相変わらずのカバルドン大流行で出す回数は多かったです。

ゲッコウガも今期は激流が割りと多かったのかゲッコウガも割りと安定して戦えました。

 

ハイドロポンプを要所で当てたりドロポンZを急所によく当てるいい子です。

 

f:id:archpokepoke:20180517165949j:plain

ヒードラン N.N プルート

持ち物 たべのこし  性格 ひかえめ 
実際値 197-x-126-198-126-101
努力値 244-0-0-236-0-28
技構成 ふんえん-ラスターカノン-だいちのちから-ステルスロック

 

S 無振り80属抜き   C 11n   H 奇数最大 

 

重いリザードンウルガモスに強くフェアリーに厚くするために最後に入ってきたポケモン

初手に投げて雑にステロを巻いたり等倍範囲の広い技が多いので有利対面から確実に負担をかけれるところは強かったです。

残飯をもっててステロを覚えさせてる関係上よく挑発されましたなお3ウェポン

 

火力はあったのですが思いのほか耐久なくて使ってて驚きました。

Sは振らずにHC振りでよかったかな?

 

 PPは増やしましょう!(戒め)

 

N.Nは冥王星よりプルート 冥王星というと10年位前まで惑星だった星です、

水金地火木土天海冥っていっても今の子どもは分からないんですよねw

 

選出について

ルカリオ軸にはレヒレ+ランドロス+1

カバリザ軸にはヒードラン+サザンorレヒレ+1

ガルーラ軸にはグロス+ランドロス+1

受けループ サザン+カプレヒレ+ヒードランorメタグロス

 

もちろん取り巻き次第で選出は変わりますがこの選出が多かったです。

 

選出率は

カプレヒレ>メタグロス>ランドロス>ヒードラン>サザンドラ>ボルトロス

 

苦手な並びなど

振り対面を作ると裏にかけれる負担の差が大きくかなりしんどい構築でした。
 

雨パ

こちらもカプレヒレあたりしかまともに戦えません。

ほとんど切ってます。

 

リザードン(特にY)

単体で見るとトップクラスに嫌だった

大抵の選出されるリザードン地震や気合い玉を持ってる印象がありヒードランで受からないみたいなことがよくありました。

 

他にもポリクチの並びやキノガッサなど嫌なポケモンは多いですがこの辺は特に印象に残ってます。

まとめ

1シーズン振りに1900到達とインフレの波に乗れてはいましたが負け続けた事が多すぎて最高レート更新はなりませんでした。

自己最高レートチャレンジを3回失敗するメンタルの弱さは異常です…

この構築自体はもう少し時間があれば伸びそうと思う一方受けサイクル系統への解答が少なく対戦時間が長くて疲れたのでしばらく使いませんw

 

ただ最終日は勝率も高くレートをだいぶ上げれたことは満足ですしポケモンってやっぱり楽しいですね。

 

就活はそろそろ終わりそうなので次のシーズンからもっと時間取れたらなと思います。

あとサブロムでドラゴン統一使ってもぐります。

 

【シーズン8】最高レート1857 カバリザサザングロス

シーズン8お疲れさまです! 

今期から就活が始まる関係であまりもぐれないかなと思ってましたがメリハリつけて集中できるときにポケモンに集中しながら対戦を重ねました。

 

今シーズンは最高レート1857 最終レート1833で終わりました。

 

f:id:archpokepoke:20180313162732p:plain

f:id:archpokepoke:20180313162939j:plain

就活中の目標である全シーズン1800というのは継続できそうです。

就活が終わればまた2000を本格的に目指していきます。

 

今回はSMの後期に活躍したカバリザグロスの並びをベースにしました。

リザグロスをベースにしたらカバルドンが入ってきた形ですけどね。

 

構築紹介!!

f:id:archpokepoke:20170515234437g:plain

サザンドラ   N.N  ゼラニウム

性格 ひかえめ   持ち物 アクZ 

実際値 167-x-110-194-111-150

努力値 0-0-0-252-4-252

技構成 あくのはどう-かえんほうしゃ-ちょうはつ-はねやすめ

 

低速サイクル絶対崩すマン 

 

USUMで育成した色個体 ゲップZで運用してましたが使う場面が少なすぎてアクZなら勝てたみたいな試合が多かったので変更しました。

 

Zなら悪波+ちょうはつ+羽休めはほぼ確定かな?と思ってます。ラストの枠は主にハッサムナットレイテッカグヤ等の処理速度を上げつつ、カプブルル、クチートなどにも隙を見せない放射を選びました。

身代わりが無くてもメタグロスとあわせてそこまでグライオンに弱くなく、流星群は打つタイミングが少ない、どくどくなんかも考えましたがここに落ち着きました。

 

ただヒードランドリュウズの相手をすることも多かったのでだいちのちからやなみのり等でもよかったかもしれません。

 

シーズン序盤はギルガルドシーズン終盤はゲンガ―が流行っており全体的に出す機会も多かったです。

 

N.Nはゼラニウム、赤やピンクに咲く花で花言葉は「信頼」「真の友情」です。

信頼している1体ですのでこの名前を送りました。

 

 

f:id:archpokepoke:20170515234707g:plain

メタグロス   N.N  Iris

持ち物 メタグロスナイト 性格 ようき

実際値 167-183-173-x-131-178

努力値 92-140-20-0-4-252

技構成 アイアンヘッド-れいとうパンチ-バレットパンチ-じしん

H 6n-1  H-B 意地A特化ランドの地震を最高乱数切って耐え

 

割とテンプレの耐久グロス 早くて硬くて攻撃力もそこそこあるというポケモン

昨シーズンと同じくアイヘ+バレパン+レンチは確定でラストは個体数の多いギルガルドに一矢報いる地震に最速のメタグロス地震を切るのはミラー考えるともったいない。

 

裏にテテフを置いてるのでバレパンが若干アンチシナジーですが余り気にはなりませんでした。

 

刺さってないなと思う構築が多い一方相手の受けれるカバルドンナットレイの選出を強要させれる点は非常に強いです。

サザンの役割対象をどんどん呼んでくれる最高の相棒ポケモンですね!.

N.NはIris アイリスといえばポケモンにも登場しますがアヤメ科の植物の事で名前はそこからもらいました花全体で「希望」という花言葉を持ってます。

アイヘのひるみはメタグロスの最後の希望です。

 

f:id:archpokepoke:20180313163209g:plain

リザードン   N.N  ソレイユ

持ち物 リザードンナイトY 性格 ひかえめ

実際値 153-x-99-232-135-152

努力値 0-0-4-252-0-252

技構成 かえんほうしゃ-ソーラービーム-ニトロチャージ-めざめるパワー(氷)

 

裏のメガエース 主にグロスの苦手な鋼や物理受けと対面させて崩していく

HBベースの耐久よりも高火力の技をぶつけるほうが強いと思いCS振り

技を当てなければ威力0なので命中安定の火炎放射を選びました。

ソラビはほぼ確定技なので割愛、ラストは抜きエースにもなりうることからニトチャ+めざ氷にしました。

 

全体的にはメタ対象でもあるため動かし辛いと感じることはありました。それを差し引いても強さを感じました。

放射の規格外の火力は他では扱えない火力で打ってて楽しかったです。

 

カバルドンのステロ、ゴツメ、砂で削って押し切るのは単純ながら太い勝ち筋として活躍してくれました。

 

N.Nはソレイユ 確かフランス語で太陽って意味ですね。

USUMは花の名前付けてますがあまり詳しくないので星の名前もつけてます。

 

 

f:id:archpokepoke:20170913000730g:plain

カバルドン   

持ち物 ゴツゴツメット 性格 わんぱく

実際値 215-132-187-x-93-67

努力値 252-0-252-0-4-0

技構成  じしん-あくび-なまける-ステルスロック

 

シーズ5でも使用したHBカバルドン、当初はランドロスをそのまま使ってましたがグロスに安定して投げたいの思いから採用しました。

 

使わなかった岩石封じを氷の牙やまもるを試した結果使う機会があまり無くそれならとステロを覚えさせました。

基本的にあくびとなまけるを打ってクッションとして運用しました。

 

リザが文字ではなく放射、グロスもASでは無く耐久ベースのため流して次のサイクルに持っていくことを意識して使いました。

そのためこいつを使った釣り交換は数多くやりました。

 

ただゲッコウガ大量流行により選出そのものがしんどいなと思う対戦が多かったですね。

サンで育成した個体でそのまま送ってしまったためN.Nつけれてません。ごめんよ~カバルドン~

 

f:id:archpokepoke:20170515234822g:plain

ドヒドイデ   N.N  ハダル

持ち物 くろいヘドロ 性格 ずぶとい

実際値 157-x-224-73-163-55

努力値 252-0-252-0-4-0

技構成 どくどく-じこさいせい-ねっとう-くろいきり

 

ゲッコウガ大量流行によりシーズン5でも一時期使ってましたが久々にドヒドイデを使うことにしました。

特殊水やたくさんの物理ポケモンを役割としカバルドンと並んで2枚目のクッションです。

 

技もテンプレゆえ行動が読まれやすいですが不一致弱点でも2耐えすることもある耐久力の高さと勝手に回復する使いやすさはほかにはなかなか無い強みですね。

 

またこいつ自身が突破できずに詰みに持っていきやすいのも強いです。

 

次シーズンもゲッコウガ多そうでしたら使うかもしれないですね安定感あります。

 

f:id:archpokepoke:20180313163335g:plain

カプテテフ  N.N スピカ 

持ち物 こだわりスカーフ 性格 ひかえめ

実際値 145-x-95-198-138-147

努力値 0-0-0-236-20-252

技構成 サイコキネシス-シャドーボール-ムーンフォース-サイコショック

 

Dに20振ったらいくつか乱数が有利になったと記憶してましたが何故かメモが残ってない…

 

強引な崩しもできるスイーパーとしていろいろと愛用しているポケモン

今期はメガネテテフが多かったイメージありますが上からがつがつ高火力を押し付けるのは楽しいですね。

 

1舞までならギャラのストッパーにもなりますしカバでステロが撒けてるとそのまま3たてが狙えるということもありました。

このポケモンもサザンの役割対象であるガルドやヒードランをよく誘ってくれたのでサザン活躍の機会も増やしてくれました。

 

選出すれば何かと仕事してくれるいいポケモンだなと改めて思いました。

 

選出について

基本選出はメガ枠+クッション+1

マンダ軸にはサザン+グロス+1

受けループにはサザン+ドヒド+テテフ

基本決め打って選出はしてませんがこのような選出が多かったです。

 

まとめ

昨シーズン1900乗ったのはやはりインフレかな?と実感したシーズンでした。

1800チャレンジを10回近く失敗しておりまだまだ安定感が足りないなと思います。

しかし格上の相手でもしっかり立ちまれて勝てることも増えてきたなと実感する面もあり対戦ゲームの楽しさを改めて確認できました。

 

次のシーズンもとりあえず1800が目標です。 1800代での対戦をもっとたくさんこなしたいなと思います。

バトルオブシンオウ 構築紹介

バトルオブシンオウお疲れ様です!

みなさんも参加されましたか?

 

シンオウは好きですねポケモンってアニメから入った人間でオレンジ諸島編あたりから見てますがサトシVSシンジは燃えましたね。タイプワイルド聞くだけで涙腺崩壊しそうな人間です。

 

という事で今回はサトシとシンジのエースポケであるエレキブルゴウカザルの2匹を中心に構築しました。

 

最高レートは1631 最終レートは1610前後です。

シングルの大会なので1700近くまで行きたかったですね。

 

ではメンバー紹介です。

 

f:id:archpokepoke:20180228140017g:plain

エレキブル   N.N  ワイルド

持ち物 とつげきチョッキ 性格 いじっぱり

実際値 151-192-87-x-105-147

努力値 4-252-0-0-0-252

技構成 ワイルドボルト-じしん-ほのおのパンチ-れいとうパンチ

 

対電気最強ポケ? 

この環境のデンキタイプはほとんどが特殊であり(そもそも通常環境でも物理電気はほぼいない…)チョッキを持たせるとサブウェポンにも強くなり

電気タイプで個体数の多いロトムはこだわっている可能性の比較高いポケモンであり受けとしてかなり通用すると思い電気カット枠で採用

その後は広い技範囲と+1だと130属をも抜ける点から相手を崩していきました。

 

対面でマリルリハッサムに強い点も使い勝手はよかったです。

 

最速ギャラドスに勝つために準速は必要であり火力もそこまでないため特化にした。

 

NNは最終戦でのBGMタイプワイルドから後"ワイルド"ボルトも使えますしねw

 

f:id:archpokepoke:20180228140125g:plain

ゴウカザル   N.N  ONE

持ち物 いのちのたま 性格 ようき (特性:てつのこぶし)

実際値 151-156-91-x-92-176

努力値 0-252-0-0-4-252

技構成 フレアドライブ-インファイト-マッハパンチ-かみなりパンチ

 

主にガブに受けだしを許したくないので最速をとりました。そのせいで火力が~~

 

こちらも比較的広い技範囲で崩していく要因

 起点作りのような方も考えましたがサトシのゴウカザルのようにアタッカーとして運用しました。

 

耐久力は皆無に近いので命の玉を持たせて有利対面から半端な受けだしを許さないポケモンです。

しかしそれでもそこまで火力があるわけでもないためタイプで有利を取れない耐久ポケモンは全体的に辛かったです。

 

ホントはアニメみたいに猛火にしたかったけどマッハパンチの威力は上げたかった。

 

N.Nはシェイミの映画の主題歌からDPの映画は全体的にバトルシーンも多く迫力あるものが多くて好きですね。

 

f:id:archpokepoke:20180228140156g:plain

ギャラドス   N.N ハイタッチ!  

持ち物 ラムのみ 性格 ようき 

実際値 171-177-99-x-120-146

努力値 4-252-0-0-0-252

技構成 たきのぼり-こおりのきば-みがわり-りゅうのまい

 

電気タイプを誘い電気エンジンの発動を狙う役

実際は積みエースとしてストッパーの選出を強制させることができ相手の選出予想が立てやすかったです。

 

舞ってもやや火力不足な点もあり使いづらさもありましたが威嚇による受けだし性能やラムによる催眠対策などもあり出せば一定の活躍はしてくれるポケモンでした。

 

N.NはアニメのEDからもってきました。ギャラに手なんて無いじゃんって突っ込んだ人は島流しですね!

 

f:id:archpokepoke:20180228140226g:plain

サーナイト   N.N フリージア

持ち物 こだわりスカーフ 性格 ひかえめ 

実際値 143-x-86-194-135-132

努力値 0-0-4-252-0-252

技構成 サイコキネシス-ムーンフォース-シャドーボール-トリック

 

130属はサンダースとクロバットくらいで最速にするメリットが感じられずトリック後の同じ80属(マンムー等)を意識でSは削らずに準速です。火力も削れないなと思いCSぶっぱです。

 

こだわりトリックがメガ石およびZクリスタルの無い関係で強いと聞き採用したポケモン

PT全体で重いゲンガーやアグノムなんかに上から一撃入れられるポケモンです。

鋼タイプがそこまで多くなく一貫性が作りやすくスイーパーとしても活躍し特殊方向の耐久力もそこそこありトリックを打った後でもロトムなどと殴り合えるすばらしいポケモンでした。

 

しかし環境的にハッサムが大量にいる関係で起点にならないように注意する必要があり動かしづらい一面もありました。

 

N.Nは花の名前です。USUMはどんどん花の名前を使っていこうかなと思ってます。

白のフリージア花言葉は「純潔」サーナイトにぴったりですね!

 

 

f:id:archpokepoke:20170719011222g:plain

ガブリアス N.N アルフェッカ

持ち物 こだわりハチマキ  性格 ようき  

実際値 183-182-115-x-106-169

努力値 0-252-0-0-4-252

技構成 じしん-げきりん-いわなだれ-ほのおのキバ

 

シーズン5で使ったスカーフガブの技と持ち物を変えて運用しました。

火力自体はもともと高いので最速をとりました。火力不足と思った試合はないのでこれでよかったと思います。

 

ドラゴンタイプを使いたかった!というのもありますがやはり強いです。

マニューラを初めとした氷タイプがいなければ全体的に高いSを利用してがつがつ殴れます。

 

竜の一貫を切れるポケモンマリルリハッサムトゲキッスあたりしか使用数が高くなく逆鱗打つだけで勝てる試合もありました。

高い対面性能から受けだしを許さない攻めで崩しができる頼もしい1体でした。

 

 

f:id:archpokepoke:20180228140733g:plain

ドータクン   N.N  クレマチス

持ち物 ウイのみ 性格 ゆうかん

実際値 159-154-136-x-153-34

努力値 132-244-0-0-132-0

技構成 ジャイロボール-じしん-どくどく-ステルスロック

 

調整

A B4振りルカリオ地震で25%の乱数1発

H-B A特化ガブの炎の牙を木のみ込みで3耐え

H-D C特化トゲキッスエアスラッシュ+大文字でほぼ確定で木の実圏内

 

この構築の唯一の疑問枠 ハッサムでよかった。

氷の一貫が全体的にできてるかなと思い鋼タイプを採用したいと思いドータクンジバコイルハッサムから考えていました。その中でもステロをまけるをかい採用しましたが思ったより撒けるタイミングが無かった…

受けだし性能が高く毒も撒けて強い点もあるのですが、毒羽ができるハッサムのほうが強かったですねとんぼもありますし。

 

主にガブや氷技からの引き先として選出してましたが身代わりを持つ積みのエースの起点になりやすくそこまで耐久力も高くないため微妙でしたね。

ただたくさんの耐性があるため強いポケモンにはめっぽう強かったのも事実ですし。

低耐久でそこまで火力の高いポケモンも少ないので殴り合いになると木のみ込みで殴りあえるのも強かったですね。

ただこの構築にはあわなかった…

 

N.Nはクレマチス、白、青、赤とさまざまな色に咲く花で花言葉は「策略」です。

 

選出について

1つの勝ち筋を通す訳ではないのでいつもどおり基本選出というのはありません。

選出としてはゴウカザルガブリアスサーナイトから2体+1とエース2枚+クッションという選出が多かったですね。

 

選出順位は上から

ガブリアスサーナイトゴウカザルエレキブルギャラドスドータクン

 

大会を通して…

まずは対戦してくださった45名のトレーナーさん対戦ありがとうございました!

インターネット大会はSMのポケモン危機一髪以来で楽しかったです。

普段使わなさそうなポケモンの育成は正直めんどくさいと感じますがそれ以上に面白対戦環境で育成してよかったなと思えました。

 

DPはアニメもゲームも個人的には好きな世代ですね。後この時期はポケカもしてましたし今と同じくらいポケモンに夢中な時期だったかもしれないですね。

あ、今もポケカしてますよ? TCGはあほほどやってるので。

 

近況は1800もまだ乗ってずめちゃくちゃあせってます。

シーズン8もがんばりますよ!!(就活もがんばります…)

【最高レート1914】シーズン7使用構築 コケコランドサザングロス

シーズン7お疲れ様でした!

USUMの新環境ですね。結果はこのようになりました。

 

 

f:id:archpokepoke:20180123013445p:plain

 

 

f:id:archpokepoke:20180123013505j:plain

最高レート1914で自己レートの1つ手前で終わってしまいました。

最終レートは1672

 

シーズン3以来の1900到達は素直にうれしいですがここまできたら一度は2000に行きたかったです…

ラスト2週間はふがいない試合だらけでした。

構築紹介

今回もサザンドラを軸にしていく上で新ポケモンの使用者はそこそこ多いと思いました。またそれより上を取れるゲッコウガやゲンガーといったポケモンも数を増やすかなと思い。 スカーフサザンで一貫をとることをベースにORASを持っていなかったので使うことの無かった準伝を使ったコケコランドグロスの並びで行こうと思い。

このようなパーティになりました。

 

それでは各個体説明です。

f:id:archpokepoke:20170719010325g:plain

サザンドラ   N.N  カノープス

持ち物 こだわりスカーフ 性格 ひかえめ

実際値 167-x-110-194-111-150

努力値 0-0-0-252-4-252

技構成 あくのはどう-りゅうせいぐん-だいちのちから-とんぼがえり

 

シーズン5で使用した固体と同じです。

当初はシーズン6同様アクZ運用で考えていたのですが、新しいポケモンであるズガドーンアーゴヨンに対してスカーフだと強く出れる点からスカーフ採用にしました。

 

またドクZ持ちの個体が話題を呼んだこともあったのかフェアリーもあまりよばないかなと思った時期もありましたがそんなことはありませんでしたw

 

しかしカバリザグロスや低耐久高速ポケモンが多く全体的に悪の一環が作りやすくシーズン6までと違い動きやすい印象がありました。

 

f:id:archpokepoke:20170515234707g:plain

メタグロス   N.N アクルックス 

持ち物 メタグロスナイト 性格 ようき

実際値 173-183-171-x-131-173

メガ前 173-173-151-x-111-129

努力値 140-140-4-0-4-220

技構成 アイアンヘッド-れいとうパンチ-バレットパンチ-かみなりパンチ(岩石封じ)

いつものメタグロス

当初はASで使ってましたがこの耐久振りに慣れてしまったためこちらを使ってます。

環境への刺さり具合はシーズン2や3より低いですが誘導選出もでき対面よりの構築に大きな負担もかけれるのは強いです。

 

主力技のアイヘに多い氷4倍勢に対するレンチ、撃ちこぼしの無いように打つバレパンはシーズン通して使いました。

ラスト1枠は最初はがんぷうで起点回避をしてましたが水タイプ全般が重くてこちらに変わりました。どちらの技も強いので一長一短ですね。

 

来期からは自分が育てた固体を使おうかなと思います。

 

 

f:id:archpokepoke:20180123014745g:plain

カプコケコ N.N ドゥーベ

 

持ち物 きあいのたすき  性格 おくびょう  

実際値 145-x-106-147-95-200

努力値 0-0-4-252-0-252

技構成 10万ボルト-ボルトチェンジ-めざめるパワー(氷)-くさむすび

 

 最初は瞑想コケコを使ってましたが対面で大抵のアーゴヨンに負けない点やさまざまなスカーフ持ちポケモンに怯えず1撃殴りにいける安定感がとても使いやすかったです。

 

選出率は特別高いわけではないですがフィールド張りからストッパーとしての運用、相手のパーティへの削りと多くの仕事ができるのが使いやすかったです。

 

しかし火力はでないのがもどかしいですね。

 

f:id:archpokepoke:20180123014914g:plain

ランドロス N.N  タチアオイ

 

持ち物 ゴツゴツメット  性格 わんぱく  

実際値 191-165-154-x-100-119

努力値 212-0-236-0-0-60

技構成 じしん-がんせきふうじ-とんぼがえり-どくどく

 H 16n-1かつ6n-1 B 11n  S -1最速110属抜き

 

対面操作しつつ威嚇やステロの撒けるポケモンでありミミッキュやバシャに対して強く出れるポケモン

しかしカビゴンに3回も詰まされて以来ステロはあきらめてどくどくに…

しかも威嚇前提の耐久であるため過信しすぎるとあっけなく落ち火力も高くなく掛けれる負担は少ない点には注意が要りましたね。

 

一方で流し性能やサイクルのまわしやすさはピカイチですした。

有利対面でトンボを打ってサザンやグロスで更に負担をかけるのはほんと強かったです。

 

 N.Nは立葵、夏に赤やピンクに色づく花で花言葉は「豊かな実り」や「野心」ですね。

豊穣神ということで花から名前をもらいました。

 

f:id:archpokepoke:20170515235043g:plain

リザードン   N.N  ミザール

持ち物 リザードンナイトX 性格 いじっぱり

実際値 153-200-131-x-106-152

メガ前 153-149-98-x-106-152

努力値 0-252-0-0-4-252

技構成    ニトロチャージ-げきりん-フレアドライブ-つるぎのまい

 

シーズン3で使ったのと同じ個体を利用しました。

受けサイクルに相変わらず強くグロスが強く出れない構築に比較的出やすいポケモン

また構築的にややYで見られやすく全抜きすることもしばしばありました。

 

選出率は相変わらず低いですがニトチャを打ってしまえば全抜きが狙えますし、フレドラで負担をかければ有利サイクルをまわせる。使ってて楽しい1体です。

 

 f:id:archpokepoke:20170719010503g:plain

カプレヒレ N.N リゲル

持ち物 ミズZ  性格 ひかえめ 

実際値 175-x-136-154-155-110

努力値 236-0-4-196-36-36

技構成 ハイドロポンプ-ムーンフォース-めいそう-ちょうはつ

 

H 16n-1 C 11n  H-D CSメガゲンガーのヘドロ爆弾確定耐え

あまりは同族に少しでも勝てるようS振り

 

今までメガネで使っていましたが水の一環が作り辛い、またアーゴヨンに隙を見せやすい、ポリゴン2がPT単位で重いということで型の変更。

カバルドンに完勝出来る点やめいそうさえ積めばあらゆる特殊ポケモンに打ち勝ちやすくなるところが強いです。

何よりグロスのストッパーを全体的に起点にできるのが強いです。

 

カプはテテフが一番好きなのですがレヒレの使い勝手の良さにはホント惚れてしまいますね。

 

選出について

例によって基本選出は基本的にありません。

サイクル戦をまわす上では邪魔になりうる可能性が高いですしね。

ただメガ進化+2の選出をするようには心がけました。選出時のパワーが高いですしね。

 

一応グロス+レヒレ+1の並びが全体的に選出数が多かった気がします。

選出率は高い順にメタグロス>カプレヒレ>サザンドラ>ランドロス>カプコケコ>リザードン

重いポケモン

ナットレイ+水妖

→崩せるポケモンがいません…

ポリゴン2

→処理ルートが少なく処理したころにはこちらが半壊することも…

アーゴヨン+ギャラドス

→この構築この2体のどちらかの起点しかいないです。

 

まぁ他にもいますがぱっと思いつくのはこいつら。

 

まとめ

1850位までは1度、大連敗しましたが割とトントンで進んだのですが1900に2度乗った後ずるずる負け続けポケモンや型を変えても勝てずに1650くらいまで落ちました。

自己最高チャレンジ2回も失敗してるんですよねw辛いです。

 

来期からは就活に追われるのでシーズン10には本格復帰できるようにしたいと思ってます。

一応多少もぐりますが1800を毎回キープ出来たらな位しか思ってません。

仲間大会なんかは時間あれば積極的に参加したいですね。

 

来期もサザングロスでいきます!

今年もよろしくお願いします!

あけましておめでとうございます!archです。

今年もよろしくおねがいします。

 堅苦しい挨拶は好きではないのでこの辺にして新年を迎えましたね~

 

新年を迎えてこのブログのタイトルを少し変えさせていただきました。

別に何かあるわけではないのですがねw

改めて思うとサザンドラが一番気に入っているポケモンですがやはりドラゴンタイプ全般が好きということに気づき今回ドラゴンマスター目指して頑張ります。

 

ポケモンのシーズン7はいまだ続いているの新年迎えたといっても何かあるわけではないですがw

皆さんよくやる今年の抱負を発表しておこうかなと、結構自分のブログ後から読むことあるので未来の自分に残しておきましょうw

 

2018年、ポケモンの目標

1つはレート2000ですね。 去年は1928という結果で終わってしまったのでがんばって2000乗せたいです。

2つ目は仲間大会で優勝してみたいです。もちろん100人以上の規模の大会でです。

昨年は7位という非常に惜しい順位まで上ったのですがもっと上位に組み込めるプレイヤーになりたいです。

 

まぁポケモン以外だとしっかり就職する、カードゲームの大会(ポケカではありません)で入賞するとかあるのですがまぁ置いておきます。

 

就活があるので夏まではあまり活発に活動できないかもしれないですね。

言い訳にならないように今のうちに2000乗せたいです。

ちなみにシーズン7は1月1日のお昼現在レートは1813で最高が1833です。

まずは自己最高レートの更新を目指して頑張っていきます!

 

改めて今年も1年よろしくで~す!