archのサザンドラと歩むレート戦記!

初心者トレーナーarchによるポケモンレート戦の戦記

サザンドラと危機一髪!! 

レートばかりもぐっても勝てないのでサザンドラに出番のあるインターネット大会ポケモン危機一髪に参加してきました。

 

軽くルールをおさらいすると

弱点が5つ以上あるポケモンのみ使用可能

持ち物が弱点保険または半減の実しか持たせられない

このような変則ルールになっています。

 

今回は今まで以上に勝ちを意識してやりました。なぜなら通常戦ではサザンドラが窮屈な戦いを強いられてますがガブやマンダといったサザンより早いドラゴンはほとんどいませんし何よりフェアリータイプが5体しかいません。

つまりサザンドラの竜+悪の広い技範囲がおおいに活躍できるルールということです。

 

前評判ではプテラバンギラス、ラティ姉妹、ゲッコウガあたりが非常に有力視されていました。

弱点が多いポケモンだらけなので火力のある早いポケモンはそれだけ有利になりえるからです。

 

また火力upアイテムは弱点保険しかないため弱保を所有しているエースは選出を優先させることが重要になります。

 

ではこのような前評判のもとパーティを考えました。

f:id:archpokepoke:20170802155850p:plain

 

 

最終レート

結果は28-17で最終レートは1648でした。 

最高レートも1648で最終順位は818位です。

f:id:archpokepoke:20170805184835p:plain

 

構築紹介! 

f:id:archpokepoke:20170719010325g:plain

 

 

 

サザンドラ

 

持ち物 じゃくてんほけん 性格 ひかえめ

実際値 175-x-110-187-110-150

努力値 60-0-0-196-0-252

技構成 あくのはどう-りゅうのはどう-なみのり-まもる

 

シーズン1の個体を少しいじったものです。 

S  準速  H 16n-1  C 11n

めちゃくちゃきれいにまとまる調整だと思ってるこの調整

耐久の目安としておくびょうゲッコウガのれいビを確定耐えでき弱保竜の波動で確定1発です。

バンギラスが多そうなので砂嵐が怖く定数ダメージ最小に

後は少しでも上から殴るべく準速に余りをCにしています。

 

技はいつもの竜+悪にバンギラスのほかプテラテラキオンが多いと予想し範囲技でもある波乗りを選択しました。

ラス1はダブルでも安定技のまもるです

 

大エースであり絶対選出のポケモン いつもとは違いさまざまなポケモンをなぎ払ってくれました。

600属というのもあり耐久力もあり弱保発動して出落ち見たいなのがほぼない点が安定感ありました。

 

選出率は1位というか100%選出です。

この子を使うためにパーティを組みました主役はどんな場面でも活躍してくれました。

そもそもサザンドラを出したくないと思った試合は1/45試合だけです。(それでも出しました)

 f:id:archpokepoke:20170805183546g:plain

シャンデラ

 

持ち物 イトケのみ 性格 ひかえめ

実際値 143-x-110-209-110-132

努力値 60-0-0-196-0-252

技構成    かえんほうしゃ-シャドーボール-エナジーボール-まもる

 

S  準速  C 11n  H 余り

サザンの苦手な妖、氷、闘のストッパーであり裏の特殊エース

タイプ一致のウェポン2つに苦手な岩、水に対する打点としてエナジーボールラスト1枠を中速アタッカーの定番技まもるです

 

ゲッコウガを無理やり突破できるように水半減のみを持たせました。

一方で相手の霊、超はサザンで基本見れる点で役割が被ってるのが残念でした。

 

選出率は3位全体的に草タイプが多かったのと唯一フェアリー技を半減で受けれる点が非常に優秀でした。

 

f:id:archpokepoke:20170805183833g:plain

ユキメノコ

 

持ち物 オッカのみ 性格 おくびょう

実際値 175-x-90-103-90-178

努力値 236-0-0-20-0-252

技構成    こごえるかぜ-シャドーボール-おにび-ちょうはつ

 

S 最速 H 16n-1  C あまり

 

このルールで比較的まともな火力でかつ上からこごかぜが打てるポケモンと思い調整を始めましたが気がつけばHSベースになっており火力はまったくありません。

サザンの横において鬼火で格闘タイプを燃やし

凍風でサザンと相手のSの関係を反転させあいての戦力を落とす係です。

 

運用はHSゲンガーのような動きができタイプ不一致の弱点技なら基本耐えますしプテラを除く岩タイプには上から鬼火が打てるので行動回数も多かったです。

 

挑発はいりませんでしたね。みちづれ、光の壁のどちらかにするべきでした。 

 

選出率は2位、中速以下のポケモンが中心のパーティを乱しまくるすばらしいポケモンでした。

 

f:id:archpokepoke:20170805183956g:plain

キノガッサ

 

持ち物 ヤチェのみ 性格 いじっぱり

実際値 135-200-101-x-80-122

努力値 0-252--4-0-0-252

技構成    マッハパンチ-キノコのほうし-がんせきふうじ-タネマシンガン

ASぶっぱ!

 

シングルの流用個体ですが具体的に調整案がなかったことや技構成もこれ以外にほしい技がフェイントぐらいでそのまま使いました。

 

ダブルにおける先制技の強さは大きくマッハパンチ連打して横のサザンが技打つだけで勝てる試合もありました。

比較的苦手なゲッコウガに対してにらみを利かせてくれました。

他の3つの技も使いやすく水、地、岩を中心に幅広く戦えました。

 

バンギラスをはじめ格闘タイプの通りがすばらしい一方で超、氷タイプがやや多く動かし辛い試合も多く選出率は4位

相手の誘導選出に1役かってくれたかなと思います。

 

f:id:archpokepoke:20170805184031g:plain

プテラ

 

持ち物 ヨロギのみ 性格 ようき

実際値 155-157-86-x-95-200

努力値 0-252-4-0-0-252

技構成    いわなだれ-フリーフォール-かみくだく-まもる

ASぶっぱ!

 

環境の中心に立つと予想されいたポケモン

苦手なアブリボンに上から岩技を打てる点から採用

タイプ一強力な雪崩、相手一対をとめることのできるフリーフォール、ラティ姉妹への打点として噛み砕く、サザンが波乗りを覚えてる関係上守る。の4つの技にしました。

 

テッカニンを除くとこのルール最速のポケモンで上から雪崩ゲーに持ち込めるのも特徴です。また緊張感で半減のみを使用させないのも強いですが

火力が中途半端、耐久がないと思ったより選出できませんでした。

 

基本的には環境のフェアリー全体には有利を取れるのですが後出しが難しいです。 

シャンデラの選出が難しくフェアリータイプがいるときや水タイプがいないときに選出してましたがそのような試合も少なく

選出率はぶっちぎりに6位恐らく10戦程度しか選出してません。

 

f:id:archpokepoke:20170805184120g:plain

ワルビアル

 

持ち物 ヨプのみ 性格 いじっぱり

実際値 173-182-101-x-122-113

努力値 20-228-4-0-252-4

技構成    かみくだく-おいうち-じしん-がんせきふうじ

 

本当はSを岩封1回でプテラ抜き,Aを11nに調整した個体を育てる気だったんですが時間が足らずシングルでよく弟相手に使ってるチョッキワルビアルの個体を流用しました。

調整は少しでも受けだし性能を上げるためにDをブッパ

A 交代際のHSメガゲンガーにおいうちで確定1発

Hを6n-1のゴツメ最小ダメージ 端数をBSに振ってます。

 

チョッキありの耐久はおくびょうのCぶっぱレボルトのきあいだまZは乱数1発(約30%です)程度あるのでそこそこ高いです。

 

流用個体を使用した結果としてゲッコウガのねっとうやれいビを耐えてくれたので正解でした。

特に使用率の高かったバンギラスを安定して後だしから狩れてがんせきふうじで相手の足を止めるすばらしいポケモンでした。

しかしフェアリーを呼びやすいパーティの関係上選出時から出しづらい試合も多かったです。

何よりサザンとタイプが被ってるんですよね。

 

クッション性能はピカ1ながらサザンとタイプが被ってる点などから選出率はやや低く5位

しかし刺さる相手にはめっぽう強くどんな相手にも一定の活躍ができるすばらしいポケモンでした。

 

選出について

 

基本的にサザン+プテラ以外の4体から1体でプテラ以外の4体の選出率に大きな差はありません。

ややワルビアル選出が少なかったのは事実ですが20試合くらいは選出してるはずです。

初手はメノコ+ワルビアル、メノコ+サザン、ガッサ+サザンが多かったです。

 

感想

今までインターネット大会は純粋にやったことの少ないダブルバトルを楽しむ大会と位置づけてましたが今回サザンが使えて環境的にも比較的追い風と聞いて即刻真剣にパーティを練りました。

結果として45戦すべてサザンを選出できサザンがひたすら暴れる環境を整えることができ楽しい試合ばかりでした。